トップ > 駅の設備 > ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザイン

ゆりかもめでは、エスカレーター、エレベーターの昇降設備のほか、点字ブロックや触知案内板、だれでもトイレ(多機能トイレ)を設けるなど、お身体の不自由な方や高齢の方などにも安心して利用いただけるよう、駅施設等に工夫をしています。

エレベーター

エレベーター

道路と改札のある階の間と、改札のある階とホームとの間にエレベーターを設置しています。
汐留駅、テレコムセンター駅、有明テニスの森駅、市場前駅、新豊洲駅では、地上から改札のある階へのエレベーターを2箇所設置しています。 その他の駅についても、1箇所または改札のある階に接続している隣接施設にエレベーターがあります。

エスカレーター

エスカレーター

道路から改札のある階へ。
改札のある階からホームへの昇りエスカレーターを全駅に設置しています。

トイレ

トイレ

有明テニスの森駅・市場前駅・新豊洲駅・豊洲駅では、手洗い器の高さを変え、手摺を設けるなどし、だれにでも使いやすいよう配慮しました。
また、女子トイレには、おむつを替えられるよう大きなベビーベットを設置したほか、男女とも洋式トイレのブースにはベビーチェアも用意しました。
また、全駅に温水洗浄便座を設置してあります。

だれでもトイレ

だれでもトイレ

有明テニスの森駅・市場前駅・新豊洲駅・豊洲駅では、広いトイレ空間を確保し、足の不自由な方のための手摺や、おむつを替えられるような大きなベビーベッド、大きな鏡を持つ手洗い、オストメイトを設置し多機能トイレとしました。その他の駅も、ベビーチェア、簡易型のオストメイトを設置しています。

案内表示

案内表示

駅では、電車に乗る方向に向かって青/緑の色の案内表示を、電車より降り出口方向にはオレンジ/黄の色の案内表示とし分かりやすくしています。

ホームでは案内表示器を設置し電車の時間、接近情報などを案内します。

車内では案内表示器を設け停車駅や開くドアの方向などの案内をします。

ホームドア

19-1

列車との接触や、ホームから走行路への転落がないよう、ホームドアを設け安全性を高めています。

券売機、精算機

券売機、精算機

券売機、精算機は車椅子でも使いやすいよう足下の空間を工夫しました。
また、券売機の近くには点字運賃表を掲示しています。

自動改札機

19-2

各駅とも幅が広い改札機を設けています。

ホームと車両の段差等

ホームと車両の段差等

有明テニスの森駅、市場前駅、新豊洲駅、豊洲駅では、車両との隙間を約6センチとし、乗り降りが容易となっています。
また、その他の駅のドアには、段差解消用のスロープを設けています。  

車いすスペース・ベビーカースペース

車椅子スペース

車内に、車いすやベビーカーで利用しやすいスペースを用意しています。
また、車いすスペース・ベビーカースペースのある車両の最寄りのドアの来る場所には、ホームの床に車いすのマークを描きました。

優先席と車いすスペース・ベビーカースペースの設置場所は下図の通りです。

車椅子スペース

誘導ブロック

誘導ブロック

駅構内は、黄色い点字タイルにより案内しています。
階段の上り口や降り口には手摺に点字による案内を設けています。

触知図による案内

触知図による案内

目の不自由な方でも利用しやすいように、駅構内に触知案内図を設けています。
また、トイレについてもトイレ配置触知案内板を設けています。
それぞれ、点字タイルによる案内をしています。

音による案内

音による誘導

駅への入り口や改札口、駅構内案内図(触知案内板)、トイレ案内板、精算所、階段では、音又は音声による案内をしています。