よくあるご質問

運賃・乗車券について

Suicaでの乗車はできますか?開く

ゆりかもめではSuica・PASMOのどちらでもご乗車いただけます。(お手持ちの交通系ICカードで日本国内全エリアの鉄道・バスのご乗車が可能です。)

詳しくはこちらをご覧ください。

こども料金は何歳までですか?開く

6歳~12歳の小学生がこども料金です。
運賃の分類については以下の通りです。

0歳(乳児)・・・無料
1歳~5歳(幼児)・・・大人または小児1人につき2人まで無料。大人または小児1人につき3人目から小児運賃。一人でご乗車になるときは小児運賃。
6歳~11歳(小児)・・・小学校入学前の6歳は幼児となります。小児運賃(大人運賃の半額、10円未満の端数は切り上げ)
12歳以上(大人)・・・12歳の小学生は小児となります。

きっぷ運賃の方がICカード運賃より安い場合があります。なぜですか?開く

平成26年4月1日からの消費税率引上げ分をより正確に転嫁する観点から、ICカード運賃については「1円単位運賃」を導入いたしました。
「ICカード運賃」は、税抜運賃に1.08を掛け、小数点以下を切り捨てて1円単位にしています。
一方「きっぷ運賃」は、税抜運賃に1.08を掛け、一の位を”四捨五入”し10円単位にしています。
(上記の端数の取り扱いは、「平成25年10月29日付 消費税率の引上げに伴う鉄軌道事業の旅客運賃等の変更に関する処理方針 (国土交通省鉄道局鉄道事業課長名)」の通りとしています。)
こうした計算の結果、9~15kmの大人運賃はきっぷ運賃(380円)がICカード運賃(381円)よりも1円下回っています。

定期券の購入について教えてください。開く

詳しくはこちらをご覧ください。

回数券、往復乗車券はどこで買えますか?開く

回数券、往復乗車券は各駅の自動券売機で販売しています。
※回数券は、その区間の片道普通運賃を10倍した金額で、乗車券12枚です。(こどもは、小児運賃を10倍した金額で乗車券12枚)。
詳しくはこちらをご覧ください。
障害者割引回数券もあります。


なお、往復乗車券の割引はありません。

回数券を買ったが領収書をもらえますか?開く

領収書は、新橋駅と豊洲駅の駅務室(駅長事務室)で発行します。
また、各駅には領収書発行の機能がついている自動券売機もあります。

一日乗車券は自動券売機で買えますか?開く

各駅の自動券売機で販売しています。
新橋・豊洲駅務室では「前売券」(有効期間約6ヶ月)も販売しています。

乗車券の有効期間は何日ですか?開く

(1) 普通乗車券 : 片道乗車券 発売当日、往復乗車券 発売日より2日間
(2) 定期乗車券 : 1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月
(3) 回数乗車券 : 発売日から3ヶ月
(4) 一日乗車券 : 自動券売機で発売する券は、発売当日(記念券類は、発売開始日から概ね6ヶ月のうち1日)

切符を間違って買ったときはどうしたらいいですか?開く

自動券売機で行先や人数を間違えた場合、発売日当日、未使用に限りその乗車券を自動券売機に戻せば、その券の金額分のお金が釣り銭出口から戻ってきます。
きっぷの青色の面(金額を印刷してある面)を上にし、券を取り出したところ(券取出口)に1枚ずつ差し込みますと、釣り銭口からお金が出ます。

未使用の乗車券の払戻しはできますか?開く

(1) 普通乗車券の場合、その乗車券が使われてないものであって、かつ有効期間内又は有効日前であれば、支払った運賃を払戻します。ただし乗車券1枚につき190円の手数料が必要です。
(2) 一日乗車券は、有効日内で未使用の場合払戻します。手数料は220円
(3) 往復乗車券の未使用券についても(1)と同じです。
(4) 有効期間の開始日前の定期券及び使用開始前の回数券の場合も普通乗車券と同様に払戻しできますが、この場合、手数料は1枚につき 220円必要です。(回数券は12券片を1枚とします。)
(5) パスネットカードは、新橋駅と豊洲駅で払い戻しができます(2018年1月31日まで)。

残った回数券の払戻はできますか?開く

有効期間内であれば払戻します。払戻金額は、お求めの回数券の額(回数旅客運賃)から使用した券に対する普通旅客運賃分を差し引いた残額になります。この場合手数料として220円必要です。
※3,200円の回数券を5枚使用した場合 : 3,200-(320×5)=1,600
1,600-220(手数料)=1,380円  (返金額)

定期乗車券の払戻しはできますか?開く

不要となった定期乗車券は、有効期間内のものに限り、当該定期旅客運賃から使用月数分(1ヶ月未満の日数は1ヶ月に切り上げます)の定期旅客運賃と手数料220円を差し引いた額を払戻しいたします。なお、払戻しの際は、ご本人様であることを確認できるもの(免許証・パスポート・保険証・学生証など)をお持ちください。

払戻額=当該定期乗車券運賃-使用月数分の定期旅客運賃-手数料220円

(例)6ヶ月定期乗車券のご使用が1ヶ月と1日の場合

(1日を1ヶ月と計算するので使用月数は2ヶ月となります。)
払戻額=当該定期乗車券運賃-(1ヶ月運賃×2)-手数料となります。

※参考:6ヶ月定期乗車券の使用月数に対する払戻しの計算法

使用月数払戻し計算法
1ヶ月払戻額=当該定期乗車券運賃-(1ヶ月定期運賃+手数料)
2ヶ月払戻額=当該定期乗車券運賃-(1ヶ月定期運賃×2+手数料)
3ヶ月払戻額=当該定期乗車券運賃-(3ヶ月定期運賃+手数料)
4ヶ月払戻額=当該定期乗車券運賃-(3ヶ月定期運賃+1ヶ月定期運賃+手数料)
5ヶ月払戻額=当該定期乗車券運賃-(3ヶ月定期運賃+1ヶ月定期運賃×2+手数料)


※有効開始日を含む7日以内に不要となった定期乗車券は、下記の計算方法によって払戻しいたします。
払戻額=当該定期乗車券運賃-(券面区間の往復普通旅客運賃×使用日数)-手数料220円

※新たに種別・区間を変更して定期乗車券をお求めになる場合は、10日単位を旬数とした旬割運賃により計算し、使用した旬数分の旬割運賃と手数料を差し引いた額を払戻しいたします。(10日未満の端数は1旬とします)

旬割運賃は、日割額を10倍した額です。以下の①と②の計算方法によって払戻しいたします。

①日割額=定期旅客運賃÷日数

 日数は、1ヶ月:30日、3ヶ月:90日、6ヶ月:180日として端数は1円単位に切り上げます。

②払戻額=当該定期乗車券運賃-(日割額×10日×使用した旬数)-手数料220円

乗車券の払戻しはどこでできますか?開く

新橋駅と豊洲駅の駅務室です。

乗車券や定期券を購入の際にクレジットカードは使えますか?開く

申し訳ありません。クレジットカードはご利用になれません。