よくあるご質問

運賃改定について

きっぷ運賃の方がICカード運賃より安い場合があります。なぜですか?開く

消費税率引上げ分をより正確に転嫁する観点から、ICカード運賃については「1円単位運賃」を導入いたしました。
「ICカード運賃」は、税抜運賃に1.08を掛け、小数点以下を切り捨てて1円単位にしています。
一方「きっぷ運賃」は、税抜運賃に1.08を掛け、一の位を”四捨五入”し10円単位にしています。
(上記の端数の取り扱いは、「平成25年10月29日付 消費税率の引上げに伴う鉄軌道事業の旅客運賃等の変更に関する処理方針 (国土交通省鉄道局鉄道事業課長名)」の通りとしています。)
こうした計算の結果、9~15kmの大人運賃はきっぷ運賃(380円)がICカード運賃(381円)よりも1円下回っています。

ICカードできっぷ、回数券を買うと1円単位になりますか?開く

1円単位の運賃は、PASMOやSuica等のICカードで自動改札機で入場して出場をしたときに適用になります。
ICカードのチャージを利用してきっぷや回数券を購入する場合は10円単位の運賃となります。

きっぷで入場しICカードで乗り越し精算する場合はどうなりますか?開く

1円単位の運賃は、PASMOやSuica等のICカードで自動改札機で入場して出場をしたときに適用になります。
そのため、きっぷで入場した場合は、ICカードで乗り越し精算をしても10円単位の運賃となります。

こども運賃は、どのように計算するのですか?開く

こども運賃は、大人の運賃(改定案)の半額です。
※ICカードの運賃は、1円未満を切り捨てて1円単位とした金額です。
※きっぷの運賃は、10円未満を切り上げて10円単位とした金額です。

パスモ定期は1円単位ですか?開く

定期運賃はきっぷ・ICカードともに同一で10円単位です。