トップ > ゆりかもめのしくみ > ゆりかもめの設備

ゆりかもめの設備

ゆりかもめの設備
  • ①運転台
  • ②電車線
  • ③案内軌条
  • ④駅ATO地上子
  • ⑤伝送ループ線
  • ⑥走行路
  • ⑦ゴムタイヤ
  • ⑧集電装置
  • ⑨点検通路
  • ⑩ATO車上装置
  • ⑪ATC制御装置

①運転台

①運転台

通常はカバーを閉じています。
運転台は運転士が運転する時に使います。

②電車線

②電車線

ゆりかもめは電気で走ります。
ゆりかもめに送る600Vの電気が流れています。

③案内軌条

③案内軌条

走行路を走れるように案内するレールです。
走行路の両側に取り付けられています。

④駅ATO地上子

④駅ATO地上子

駅の手前の地点にあり、車両がここを通ると、駅までの距離を車両に伝えます。ホームの停車位置にもあり、正しい位置に停止したことを駅に伝えたり、ドアをあけたり、閉めたりする合図を車両に伝えたりします。

⑤伝送ループ線

⑤伝送ループ線

情報を送るためのケーブルが入っています。車両の情報を駅や中央指令所に送ったり、中央指令所からの情報を車両に送ったりします。

⑥走行路

⑥走行路

ゆりかもめが走る道路です。
コンクリートでできています。

⑦ゴムタイヤ

⑦ゴムタイヤ

パンクしても走ることができるように、タイヤの中に「中子」という金属の車輪が入っています。
重い車両を支えるため1つのタイヤは130kgもあります。

⑧集電装置

⑧集電装置

ここから車両に電気を取り込んで走っています。

⑨点検通路

⑨点検通路

点検するときはこの通路を歩きます。

⑩ATO車上装置

⑩ATO車上装置

ゆりかもめの頭脳です。
ゆりかもめを走らせたり、止めたり、運転士の役割をしています。

⑪ATC制御装置

⑪ATC制御装置

一定区間ごとに決められている制限速度を超えないように監視しています。
速度や信号をATO車上装置に知らせています。