「カランコエの花」上映会&ワークショップ

「カランコエの花」上映会&ワークショップ

LGBTをテーマに国内の映画祭で13冠を受賞した話題作の上映会を実施



パナソニックセンター東京では、自分と違う価値観、文化、思想を持った多様な人々がいることを理解し、お互いを認めあえるきっかけづくりとして、DIVERSITY & INCLUSIONを考えるイベントを継続的に実施しています。
今回は第3弾として、LGBTを題材とした一本の映画「カランコエの花」を上映し、映画を通じて参加者皆様の感想や気づきをディスカッションしながら、それについて自分ができることを考えるワークショップを行います。

LGBTの人と自分が違うという感覚は、男女の価値観が違ったり、異国の人々と文化が異なっていたり、単純に違う思想を持つ人と出会ったときに「自分はちがうな」と感じることと何ら変わりはありません。
相手を傷つけてしまうことも、相手との間できしみが生じることも当然に起こります。

2020年、世界中から多様な人々が集まります。

このイベントが、少しでもD&Iの考え方を広め、多様な価値観を持つひとり一人の良いところが引き出され、お互いを認め合うきっかけになればと思います。
皆様のご参加をお待ちしています。
※詳細はこちらをご覧ください。

開催日:2019年5月19日(日曜日)
時間:
【第1部】 13時00分~13時15分 ゲストトークショー
      13時15分~14時00分 映画上映会
【第2部】 14時15分~16時00分 ワークショップ(映画を見た感じたこと、気づいたことをディスカッション)
場所:パナソニックセンター東京 1階 ホール
定員:映画上映会 200名 / ワークショップ 30名
対象:どなたでもご参加いただけます。
協力:東京2020組織委員会、NPO法人グッド・エイジング・エールズ、プライドハウス東京
ゲスト:鈴木 茂義(すずき しげよし)さん
プロフィール:公立小学校非常勤講師。上智大学文学部非常勤講師。自治体の相談員。専門は特別支援教育、教育相談、教育カウンセリングなど。1978年茨城県生まれ。文教大学教育学部卒業。14年間の正規小学校教諭として勤務を経て現職。教員18年目。教育研究会や教育センターでの講師経験も多い。学校に勤務しながらLGBTや教育に関する講演活動を行い、性の多様性やより良い「生き方」「在り方」について参加者と共に考えている。

ゲスト:りこ さん
プロフィール:子育てをするLGBTとその周辺を緩やかにつなぐをコンセプトとする「にじいろかぞく」のスタッフ。LGBT家族の交流支援や、等身大のLGBT家族の様子などを伝える活動をする。アライ。(アライとは、LGBTを理解し、支援する人のこと)

ゲスト:小川 奈津己(おがわ なつき)さん
プロフィール:認定特定非営利活動法人ReBit教育事業部マネージャー。元・中高教諭。現在は多様な性に関する出張授業・研修・教材開発等を担当。共著に『改訂新版LGBTってなんだろう?自認する性・からだの性・好きになる性・表現する性』(合同出版)がある。トランスジェンダー男性・ゲイ。

開催場所

パナソニックセンター東京

イベントサイト

お問合わせ先

パナソニックセンター東京

お問合わせ先(電話番号)

03-3599-2600

一覧へ