路線案内

沿革

株式会社ゆりかもめの沿革のご紹介です。

沿革

昭和57年12月 第一次東京都長期計画において計画事業に位置づけ
60年 8月 「東京臨海部新交通システム計画委員会」(委員長 八十島義之助)の設置
63年 4月 東京臨海新交通株式会社(社長 鈴木俊一 元東京都知事)の設立
63年11月 鉄道事業免許・軌道事業特許取得
平成元年 3月 工事着手
7年10月 工事竣工検査(建設省)・鉄道施設検査(運輸省)合格
運輸開始許可・承認(運輸・建設両省)、運輸開始認可(東京都)、運賃認可(運輸省)
7年11月 開業(13編成)
8年 7月 第一次ダイヤ改正(朝夕ラッシュ時6分間隔、運行時間帯の拡大など)
9年 3月 第二次ダイヤ改正(朝ラッシュ時5分間隔など)
9年 6月 第二次車両増備(2編成)
9年 6月 運賃改定(消費税率の引き上げへの対応)
9年 7月 第三次ダイヤ改正(朝夕ラッシュ時5分間隔、運行時間帯の拡大など)
10年 2月 第三次車両増備(3編成)
10年 3月 第四次ダイヤ改正(朝夕ラッシュ時4分間隔など)
定期割引率引き上げ(通勤36→50%、通学50→70%、回数券9.1→16.7%)
10年 4月 社名変更(株式会社ゆりかもめ)
11年 3月 第五次ダイヤ改正(朝夕ラッシュ時3.5分間隔など)
第四次車両増備(3編成)
12年 3月 第六次ダイヤ改正(土休日の日中4分間隔、夜間の運転間隔短縮など)
13年 3月 第五次車両増備(3編成)
新橋駅(本駅)開業
第七次ダイヤ改正(朝夕ラッシュ時3分間隔など)
13年 7月 約15分の終電延長
13年11月 車体利用広告開始(5編成)
14年11月 汐留駅開業
14年12月 約15分の終電延長
17年7月 第六次車両増備(2編成)
18年3月 第八次ダイヤ改正(豊洲延伸に伴う新ダイヤ)
有明-豊洲間延伸開業
19年8月 (株)東京臨海ホールディングスの子会社となる。
23年9月 第九次ダイヤ改正(朝ラッシュ時3分間隔の運行時間帯前倒しなど)

利用者数の推移

利用者 1日平均
平成 7年度  4,131,782人 27,183人
平成 8年度 23,530,815人 64,468人
平成 9年度 26,117,137人 71,554人
平成10年度 28,541,356人 78,195人
平成11年度 35,347,400人 96,577人
平成12年度 38,062,278人 104,280人
平成13年度 37,810,785人 103,591人
平成14年度 36,756,460人 100,703人
平成15年度 34,549,622人 94,398人
平成16年度 32,404,984人 88,781人
平成17年度 31,482,056人 86,252人
平成18年度 33,658,469人 92,214人
平成19年度 36,178,083人 98,847人
平成20年度 37,659,619人 103,177人
平成21年度 38,862,776人 106,473人
平成22年度 36,541,208人 100,113人
平成23年度 35,000,016人 95,628人
平成24年度 39,380,688人 107,892人

一日最大利用者数

順位 日付 乗車人数 開催イベント
第一位 平成16年 8月14日(土) 276,372人 東京湾大華火祭
第二位 平成22年 8月14日(土) 270,259人 東京湾大華火祭、
コミックマーケット
第三位 平成24年 8月11日(土) 252,720人 東京湾大華火祭、
コミックマーケット
第四位 平成14年 8月10日(土) 250,216人 東京湾大華火祭
第五位 平成21年 8月14日(金) 247,993人 コミックマーケット、
ガンダムプロジェクト
ゆりかもめ概要トップへ戻る
page top